Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
『京都の美術250年の夢』第1部 光村推古書院

新装オープンするはずだった京都市立京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」第1部の図録兼書籍が送られてきました。

近世の部分の漆工品について書かせていただきました。

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 新刊 | 19:26 | comments(0) | - |
関陸遊斎作「吉野山蒔絵印籠」が出現

関陸遊斎は、幕末の江戸の道具蒔絵師ですが、これまで「梅蒔絵白粉解棗」しか確認できていませんでした。イギリスに「関陸遊斎」在銘「吉野山蒔絵印籠」が現存しているのを発見しました。「陸遊斎」の筆跡は同じですが、はっきりと「関」という苗字も入っており非常に貴重です。紋唐草蒔絵を得意とした道具蒔絵師で、印籠を作る技術は持っていなかったと考えられるので、梶川系の印籠蒔絵師に外注したのだろうと考えられます。桜樹の表現など少し珍しいところもありますが、印籠の形状や家の表現などに梶川系の特徴が見られます

 

 

 

 

| ホームページ | 02:02 | comments(0) | - |
「江戸時代後期芝山象嵌作品について」『大阪市立美術館紀要』第20号

菊池泰子氏「江戸時代後期芝山象嵌作品について ー大阪市立美術館蔵「芝山」在銘品を中心に」『大阪市立美術館紀要』第20号では、大阪市立美術館所蔵の芝山象嵌作品と、他館の所蔵品の技術的特徴を拡大図版を使って、紹介されています。

 

| 新刊 | 10:08 | comments(0) | - |
「作品紹介 −孝明天皇ゆかりの印籠について」『三の丸尚蔵館紀要』25号

JUGEMテーマ:アート・デザイン

新型コロナウイルスで、世の中大変なことになりました。楽しみにしていた展覧会も、途中終了、中止など。

 そんな中、重要な論文が刊行されたので2つ紹介します。五味聖氏「作品紹介 −孝明天皇ゆかりの印籠について」では孝明天皇から皇女和宮に譲られた印籠群が紹介されています。これまでにも三の丸尚蔵館等の展覧会で3点の存在は公開されていましたが、9点すべての詳細が図版と共に紹介されています。所用者・伝来が明らかな印籠、それも孝明天皇御物ですから極めて重要な作品群です。景利、道笑等の根付との取り合わせも興味深いと思います。

 

| 新刊 | 10:05 | comments(2) | - |
「江戸のものづくり列伝」江戸東京博物館(東京・両国)

江戸東京博物館で始まる「江戸ものづくり列伝」の内覧会に行ってきました。ベネチア東洋美術館所蔵品が初来日です。特に長年実見したかった文化文政期の幸阿弥長輝作「秋草鶉蒔絵印籠」が出ていました。思った以上に小ぶりな、格調高い名品でした。また作風は、図録の裏の写真を見ると裏の流水や土坡の肉合研出蒔絵など石山寺蒔絵印籠と酷似しており、やはり実作は豊川楊溪だと思います。

 原羊遊斎柴田是真も取り上げられており。是真の絵画の新出作品がいくつかみられます。特に檀溪の漆絵は素晴らしい傑作でした。

JUGEMテーマ:アート・デザイン

ポスター

図録

 

幸阿弥長輝作「月秋草鶉蒔絵印籠」

| 展覧会 | 23:56 | comments(0) | - |
蒔絵博物館で古満休伯安明作「長春山吹蒔絵硯蓋」を初公開しました

蒔絵博物館で古満休伯安明作「長春山吹蒔絵硯蓋」を初公開しました。

近世漆工史上重要な作品です。ぜひご覧ください。

 

 

| - | 16:23 | comments(0) | - |
謹賀新年

明けましておめでとうございます。
 毎年大変さが増していますが、昨年は前半が、「囃子方と楽器」展、「サムライ・ダンディズム」展、「永田友治」展と忙しく、蒔絵博物館の更新もままなりませんでしたが、意外にも6点の初公開作品を公開できました。今年も初公開作品を5点を目標にしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

| ホームページ | 00:13 | comments(1) | - |
蒔絵博物館に古満寛哉作「菊水蒔絵喰籠」を展示しました。

蒔絵博物館の作品展示室に新出作品を公開しました。古満寛哉作「菊水蒔絵喰籠」です。

松平不昧所蔵の香箱の意で作ったというもので、現在確認される唯一の共箱の作品です。是非ご覧ください。

 

古満寛哉作「菊水蒔絵喰籠」

 

| ホームページ | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
「名物裂と古渡更紗」静嘉堂文庫美術館(東京・二子玉川)

静嘉堂文庫美術館で開催されている「名物裂と古渡更紗」展を見てきました。茶道具・煎茶道具の附属品に光を当てた展覧会です。国宝の曜変天目利休物相茶入などは、原品とその附属品がすべて展示されており、その重い扱いがよくわかります。展示の最後に梶川作「桐鳳凰蒔絵箪笥」が展示されています。扉内が壽字尽、正面引出が名物裂尽となっており、18世紀後半の当時の名物裂ブームの時代背景が顕れたすばらしい傑作です。是非お出かけください。12月15日まで開催されています。

 

JUGEMテーマ:日本史

 

ポスター

 

小冊子

| 展覧会 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
根津美術館「川上不白生誕三百年 江戸の茶の湯」(東京・南青山)

楽しみにしていた根津美術館で開催される「川上不白生誕三百年 江戸の茶の湯」のレセプションに行ってきました。

9年前に御茶室で一瞬だけですが、銘まで拝見させて頂いた素晴らしい塩見政誠の鶏頭棗も明るいところで初めて見ることができました。その後裔と考えられる18世紀末〜19世紀はじめの塩見小兵衛の作品もいくつか展示されています。今回は、新出の蓬莱亀蒔絵棗と不白米寿鶴亀蒔絵棗の2点が登場したのが嬉しい発見です。12月23日まで開催されています。

 

ポスター

 

図録

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 展覧会 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
このページの先頭へ