Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「平成30年新指定国宝・重要文化財」展(東京国立博物館)東京・上野
    三隅悠 (05/08)
  • 大石内蔵助「掟の盃」・「遊春盃」
    淡々斎 (04/30)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    高尾曜 (03/13)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    衣士津可 (03/11)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    高尾曜 (05/16)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    znk (05/16)
  • 幻の押木家売立目録
    高尾曜 (12/12)
  • 幻の押木家売立目録
    山田 (12/11)
  • 須田賢司『木工藝 清雅を標に』里文出版
    須田賢司 (09/29)
  • 蒔絵博物館 作品展示室に一峯斎作「牡丹蒔絵印籠」を展示しました
    辻 (05/11)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
『JAPAN in miniature』

クレス夫妻の新刊が届きました。ドイツのBASFラッククンストミュージアムにドイツ人女性から寄贈された印籠コレクションのカタログになっています。よく見るものもありますが、豊川楊溪の朝妻舟蒔絵印籠や、田村寿秀作の蘭陵王蒔絵の印籠、塩見政誠の菊壽蒔絵印籠など、他に類例のない名品がいくつかあります。特に朝妻舟は昭和の売立以来出現の待望の作品です。柴田是真も、珍しいものが2点載っています。

 

| 新刊 | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
「櫛とかんざしの物語」市川市文学ミュージアム(千葉県・市川市)

市川市文学ミュージアムで開催される「櫛とかんざしの物語」のレセプションに行ってきました。世界一の櫛かんざしのコレクションである胡蝶庵コレクションを文学という観点で見せるコレクションです。原羊遊斎、古満寛哉、中山胡民、柴田是真、池田泰真の優品が出ています。見たことがないものもいくつかありました。また鏑木清方旧蔵の池田泰真一門の作品群も出ています。図録に「蒔絵櫛収集の最前線で」という拙文を寄稿しました。来年の2月3日まで開催されています。11月25日(日)14:00〜には私のギャラリートークもあります。

JUGEMテーマ:アート・デザイン

ポスター

 

図録

| 展覧会 | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
「印籠 緒〆 根付」清水三年坂美術館(京都・東山)

清水三年坂美術館「印籠 緒〆 根付」の展覧会を見てきました。白山松哉の菊尽の印籠を初めて見ました。見事なものでした。

また梶川文龍斎の趙子昂原画の馬蒔絵印籠を初めて見ました。その他は見たことがあるような気がします。11月18日まで開催されています。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日本史

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

 

 

 

| 展覧会 | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
「横山華山」展 東京ステーションギャラリー(東京)

東京ステーションギャラリーで開催されている「横山華山」展を見てきました。「美の巨人たち」でも紹介されましたが、幅広い作風の作品が展示されています。また蒔絵師との交流もあり、華山下絵の福禄寿漆絵三組盃も展示されています。図録では「花洛一覧図」と華山が描き、京都の蒔絵師・風折政香が出版したの関係も考察されています(この部分の調査に協力しました)。11月11日まで開催されています。

 

ポスター

 

図録

| 展覧会 | 06:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
8/11の『美の巨人たち』柴田是真「片喰沢瀉蒔絵印籠」

8/11のテレビ東京『美の巨人たち』柴田是真「片喰沢瀉蒔絵印籠」です。楽しみです。

 

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/02_lineup.html

 

蝶のは別ですが・・・

 

http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/201808/14857_201808112200.html

 

写真が出ました(8/4)。

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| テレビ番組 | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
蒔絵博物館に幸阿弥忠光作「獅子蒔絵平文螺鈿印籠」を展示しました

 

蒔絵博物館に幸阿弥忠光作「獅子蒔絵平文螺鈿印籠」を展示しました。技法的にもとても珍しい印籠です。是非ご覧ください。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日本史

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| ホームページ | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
「琉球 美の宝庫」サントリー美術館(東京・六本木)

サントリー美術館で開催される「琉球 美の宝庫」を見てきました。絵画・染織・歴史資料も多いのですが、漆工品の数が圧倒的に多い展覧会です。国宝の尚王家のものだけでなく、近年見つかったものも多くあります。印籠も螺鈿・堆錦等5点がありました。9月2日まで開催されています。

 

ポスター

 

図録

 

JUGEMテーマ:日本史

 

| 展覧会 | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
「はじめての古美術鑑賞」根津美術館(東京・南青山)

「はじめての古美術鑑賞」を見てきました。東洋の漆工芸が半分以上のような感じです。蒔絵では、やはり飯塚桃葉の「百草蒔絵薬箪笥」が素晴らしいです。出来、伝来、資料性、どれをとっても重文になっておかしくありません。

今日注目したのは、幸阿弥長孝薬玉蒔絵の篳篥箱です。初めて見ました。出来も良く、素晴らしく良い銘が入っています。

 7月8日まで開催されています。

 

| 展覧会 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
高知と山桃

1週間、高知に出張していました。連日、雨だったので、ひろめ市場で飲んだくれていたところ、通販サイトからのメールでヤマモモ1パック3,000円というのをちょうど見かけました。高知でもこの時期しか採れないそうです。まったく見たことも食べたこともなかったのですが、ひろめ市場ではこれがなんと500円。お土産に買って、傷まないようにそうっと持って帰って来ました。甘酸っぱくおいしいものです。

 

 

| グルメ | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
「田中一村の絵画」岡田美術館(静岡県箱根市)

初めて箱根の岡田美術館に行きました。これまでもHPは見ていましたが、どんなところなのか全く知りませんでした。

 

行ってびっくりですが、施設は国立クラスの施設です。銅鐸・埴輪から始まり、近代絵画、工芸、仏教美術まで絵画、工芸、彫刻、それぞれの分野の一級品がものすごい数展示されています。広々とした展示室が5階まであります。美術館というより博物館といってもよいほどです。じっくり見たら半日かかります。入館料は高めですが、その価値は十分にあると思います。

 

田中一村は数はあまり出ていませんが、同期の東山魁夷伊藤若冲、古画と対比するなど、斬新な展示です。

9月24日まで開催されています。

パンフレット

図録

| 展覧会 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
このページの先頭へ