Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「平成30年新指定国宝・重要文化財」展(東京国立博物館)東京・上野
    三隅悠 (05/08)
  • 大石内蔵助「掟の盃」・「遊春盃」
    淡々斎 (04/30)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    高尾曜 (03/13)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    衣士津可 (03/11)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    高尾曜 (05/16)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    znk (05/16)
  • 幻の押木家売立目録
    高尾曜 (12/12)
  • 幻の押木家売立目録
    山田 (12/11)
  • 須田賢司『木工藝 清雅を標に』里文出版
    須田賢司 (09/29)
  • 蒔絵博物館 作品展示室に一峯斎作「牡丹蒔絵印籠」を展示しました
    辻 (05/11)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
祝! 須田賢司先生 重要無形文化財保持者認定
7月18日、私が敬愛する須田賢司先生重要無形文化財保持者いわゆる人間国宝認定されることになりました。
 須田先生は、前田桑明門下の祖父須田桑月、父須田桑翠と続く江戸指物の系譜を引き、さらに母方の祖父に柴田是真の曾孫弟子山口春哉を持ち、木工と漆工の技を習得して伝統工芸展を中心に活躍されています。須田先生と知り合ったのはいつだったのか、7年前の柴田是真生誕200年展の準備の時だったか、もっと前だったのか。その高く堅実な技、銘木を生かす現代的な感覚、見識どれを取っても最も人間国宝に近い工芸家と思っていました。ようやく人間国宝となられる運びとなりました。本当に嬉しいことです。

リンク 文化庁HP 重要無形文化財の指定及び保持者の認定について


須田賢司作「楓拭漆箱」
| お知らせ | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本文化財漆協会での講演
 明後日、5月18日(土)には、日本文化財漆協会の講演会で「柴田是真」をテーマにその漆工作品についてお話させて頂きます。今回は、是真の漆工品の魅力を中心に、無名時代の作品についてもお話します。会員の皆様よろしくお願いします。 

 主催 : 日本文化財漆協会
 会場 : 東京藝術大学
 時間 : 14:30〜16:00
| お知らせ | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
「文化遺産オンライン構想」成果報告フォーラム 一梯記念講堂(東京・竹橋)
 私がこの3年、心血を注ぎ、精魂を傾けてきた「文化遺産オンライン構想」の成果報告フォーラムのご案内です。お近くの方は是非お運び頂ければと思います。

 主催 : 文化庁、国立情報学研究所
 日時 : 平成23年12月2日(金)13:00〜17:30(開場12:30)
 会場 : 学術総合センター 一橋記念講堂
 (東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
 参加費 : 無料(要事前申込)
 定員 : 500名

「文化遺産オンライン構想」成果報告フォーラム

| お知らせ | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
漆工史学会第35回総会中止
 昨晩から大阪入りしていましたが、台風で天王寺公園が閉鎖され、漆工史学会第35回総会中止だそうです。大阪でも今は雨は全く降っていないのですが。。。残念です。
| お知らせ | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
第35回 漆工史学会総会(大阪市立美術館)
 9月3日(土)大阪市立美術館第35回漆工史学会総会があります。発表は
 1)高尾曜「山田常嘉について 新出史料の由緒書を中心に」
 2)川畑憲子氏「中国・山東省菏澤出土の螺鈿箱について」
 3)土井久美子氏「山田常嘉の文台」
の3件です。私も発表します。
 今回の私の発表は、15年前に発見したもので、5年前にも一度まとめておこうと途中まで進みましたが、別に発表すべき案件が相次いで、後回しにしてきました。すでにその成果は「新訂・増補 近世蒔絵師銘鑑」にも、蒔絵博物館にも掲載していますが、公式に典拠を公表するのは初めてです。
 ここのところ忙しくて、2日前から準備をはじめ、今日になって発表資料の再調査、再撮影に15年ぶりに出かけ、関係資料を悉皆調査しました。当時と比べ、この15年でデジタル・アーカイブ化が格段に進み、紙ベースの目録でたどりつけなかった資料にもたどり着くことができるようになったからです。その結果、今日、さらに15年前には気付かなかった新たな重要な資料を見つけることができました。久しぶりにドーパミンが放出されました。良い資料を見つけました。すごいことです。9月3日をお楽しみに。
| お知らせ | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
チャサンポー?
6月4日、5日に東京西荻窪チャサンポー(茶散歩)なるものが行われています。49店で無料のお茶がふるまわれ、、9店で特典があるようです。 

茶散歩のサイト
http://chasampo.com/

| お知らせ | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
東北地方太平洋沖地震
 明治以来の観測史上、最大の地震が起きました。輪島の方々から安否を気遣うメールを頂きました。私は東京で安全な建物にいますので無事ですが、帰宅困難者になりました。まさに激甚災害で、被災された方々お見舞い申し上げます。一刻も早い復興を祈るばかりです。
| お知らせ | 20:31 | comments(4) | trackbacks(0) |
『漆サミット 2011』
1月14日、1月15日『漆サミット 2011』明治大学を会場に開催されます。テーマは「 危機に直面している国産漆です。プログラムは下記のとおりです。みなさんも、ブログ等でご宣伝ください。


2011年1月14日(金) 
 基調講演 「漆の魅力」 
  対談   東京藝術大学 三田村有純 ・ 東北大学植物園 鈴木三男
  聞き手:白井貴子氏(シンガーソングライター)  セッション1
   テーマ: 「国産漆のこれからの方向を模索して」 

2011年1月15日(土) 
 セッション2
   テーマ: 「健全なウルシの森づくりに向けて」
 セッション3
   テーマ: 「下宅部遺跡をめぐる縄文時代の漆文化」

プログラムの詳細は「漆サミット」ホームぺージ
http://wwwsoc.nii.ac.jp/historbot/urushi/top.html
をご覧ください。

ポスターはこちらです。http://wwwsoc.nii.ac.jp/historbot/urushi/images/poster2011.pdf

| お知らせ | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
『漆サミット 2011  危機に直面している国産漆』 開催のお知らせ

 今年の『漆サミット 2010』 に続き、来年1月14日、1月15日『漆サミット 2011』明治大学を会場に開催されます。テーマは「 危機に直面している国産漆です。プログラムは下記のとおりです。みなさんも、ブログ等でご宣伝ください。


2011年1月14日(金) 
 基調講演 「漆の魅力」 
  対談   東京藝術大学 三田村有純 ・ 東北大学植物園 鈴木三男
  聞き手:白井貴子氏(シンガーソングライター)  セッション1
   テーマ: 「国産漆のこれからの方向を模索して」 

2011年1月15日(土) 
 セッション2
   テーマ: 「健全なウルシの森づくりに向けて」
 セッション3
   テーマ: 「下宅部遺跡をめぐる縄文時代の漆文化」

プログラムの詳細は「漆サミット」ホームぺージ
http://wwwsoc.nii.ac.jp/historbot/urushi/top.html
をご覧ください。

ポスターはこちらです。http://wwwsoc.nii.ac.jp/historbot/urushi/images/poster2011.pdf


| お知らせ | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
講演会テーマ「古満寛裁」(輪島漆芸美術館・石川県輪島市)
明日、石川県輪島市輪島漆芸美術館での講演に行きます。輪島漆器青年会・蒔絵青年会合同開催で、「古満寛裁」がテーマで、未発表の資料を多数紹介します。
日時:9月26日(日曜日) PM1:30〜3:00
場所 :輪島漆芸美術館 1F 講義室

お近くの方はお運びください。
| お知らせ | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
このページの先頭へ