Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「平成30年新指定国宝・重要文化財」展(東京国立博物館)東京・上野
    三隅悠 (05/08)
  • 大石内蔵助「掟の盃」・「遊春盃」
    淡々斎 (04/30)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    高尾曜 (03/13)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    衣士津可 (03/11)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    高尾曜 (05/16)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    znk (05/16)
  • 幻の押木家売立目録
    高尾曜 (12/12)
  • 幻の押木家売立目録
    山田 (12/11)
  • 須田賢司『木工藝 清雅を標に』里文出版
    須田賢司 (09/29)
  • 蒔絵博物館 作品展示室に一峯斎作「牡丹蒔絵印籠」を展示しました
    辻 (05/11)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
「琉球 美の宝庫」サントリー美術館(東京・六本木)

サントリー美術館で開催される「琉球 美の宝庫」を見てきました。絵画・染織・歴史資料も多いのですが、漆工品の数が圧倒的に多い展覧会です。国宝の尚王家のものだけでなく、近年見つかったものも多くあります。印籠も螺鈿・堆錦等5点がありました。9月2日まで開催されています。

 

ポスター

 

図録

 

JUGEMテーマ:日本史

 

| 展覧会 | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
「はじめての古美術鑑賞」根津美術館(東京・南青山)

「はじめての古美術鑑賞」を見てきました。東洋の漆工芸が半分以上のような感じです。蒔絵では、やはり飯塚桃葉の「百草蒔絵薬箪笥」が素晴らしいです。出来、伝来、資料性、どれをとっても重文になっておかしくありません。

今日注目したのは、幸阿弥長孝薬玉蒔絵の篳篥箱です。初めて見ました。出来も良く、素晴らしく良い銘が入っています。

 7月8日まで開催されています。

 

| 展覧会 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
「田中一村の絵画」岡田美術館(静岡県箱根市)

初めて箱根の岡田美術館に行きました。これまでもHPは見ていましたが、どんなところなのか全く知りませんでした。

 

行ってびっくりですが、施設は国立クラスの施設です。銅鐸・埴輪から始まり、近代絵画、工芸、仏教美術まで絵画、工芸、彫刻、それぞれの分野の一級品がものすごい数展示されています。広々とした展示室が5階まであります。美術館というより博物館といってもよいほどです。じっくり見たら半日かかります。入館料は高めですが、その価値は十分にあると思います。

 

田中一村は数はあまり出ていませんが、同期の東山魁夷伊藤若冲、古画と対比するなど、斬新な展示です。

9月24日まで開催されています。

パンフレット

図録

| 展覧会 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
「うるしの彩り」泉屋博古館東京分館(東京・六本木)

 

「うるしの彩り」にようやく行ってきました。近年所蔵品となって東京初公開の作品が多数展示されています。明時代堆黄の大作が2点もあります。

 また池田泰真第五回内国勧業博覧会の際に作った額面も当時の写真帖で知っていましたが、突然登場したのでチラシを見て驚いたものでした。最晩年の傑作といえます。

 酒井抱一の書状の軸が附属する羊遊斎の「椿蒔絵棗」は今回初めて油問屋松澤家旧蔵であることが公表されました。酒井抱一・鈴木其一のパトロンの家にあっただけに素晴らしい傑作です。

 住友春翠から象彦に注文された謡曲蒔絵会席具の大ぞろえも一部が展示されています。

7月16日まで開催されています。

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 展覧会 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
「大名茶人松平不昧」三井記念美術館(東京・日本橋)

ようやく「大名茶人松平不昧」を見てきました。不昧公好みの茶道具、作らせた好み物が多数展示されています。蒔絵では羊遊斎、漆壺斎が数多く出ています。羊遊斎の下絵帖も初めて見るページが出ていました。6月17日までです。

 

JUGEMテーマ:日本史

 

 

 

| 展覧会 | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
「西郷どん」東京藝術大学大学美術館(東京上野)

今年の大河ドラマ展の「西郷どん」は藝大美術館です。川記念財団から篤姫の竹雀蒔絵小箪笥なども出ています。島津斉彬が父の斉興からもらった鞍鐙、なんと地が錫梨子地です。島津家は当時はもう財政再建していたから裕福だったはずなので、蒔絵師が騙したのでしょうか。バレたら命がないと思いますが。初公開資料がたくさん出ています。

7月16日までです。

 

 

 

JUGEMテーマ:日本史

| 展覧会 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
「春日大社のすべて」奈良国立博物館(奈良市)

奈良博で「春日大社のすべて」が開催されています。平安以来の素晴らしい社宝の数々、復元模造も多く展示されています。6月10日までです。

 

JUGEMテーマ:日本史

| 展覧会 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
「聖域 御本殿を飾る美術」春日大社国宝殿(奈良市)

春日大社国宝殿に初めて行きました。エントランスに、春日をイメージした現代美術があります。応永元年の年紀の重要美術品の春日台が展示されていました。良い感じです。8月26日まで開催されています。

 

JUGEMテーマ:日本史

| 展覧会 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
「能と樂茶碗」樂美術館(京都市)

今回は2泊3日の出張です。大倉源次郎先生にすすめられて、初めて楽美術館にも行きました。茶道具には能に由来する銘が付けられてものが多く、そうした樂茶碗と金剛宗家の能面を取り合わせた展覧会です。6月24日までです。

 

| 展覧会 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
「猿楽と面」MIHO MUSEUM(滋賀県・甲賀市)

初めてMIHO MUSEUMに行きました。自然を取り込んだというか、自然の雄大さの中に造られた美術館でした。ものすごい数の能面の展覧会で、地域別に分類されています。そこからいろいろなことが読み解ける展覧会です。6月3日までです。

 

 

| 展覧会 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
このページの先頭へ