Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「平成30年新指定国宝・重要文化財」展(東京国立博物館)東京・上野
    三隅悠 (05/08)
  • 大石内蔵助「掟の盃」・「遊春盃」
    淡々斎 (04/30)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    高尾曜 (03/13)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    衣士津可 (03/11)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    高尾曜 (05/16)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    znk (05/16)
  • 幻の押木家売立目録
    高尾曜 (12/12)
  • 幻の押木家売立目録
    山田 (12/11)
  • 須田賢司『木工藝 清雅を標に』里文出版
    須田賢司 (09/29)
  • 蒔絵博物館 作品展示室に一峯斎作「牡丹蒔絵印籠」を展示しました
    辻 (05/11)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
「幕府お抱え蒔絵師の正体」日本経済新聞 文化欄
本日4月11日日本経済新聞朝刊文化欄に私の「幕府お抱え蒔絵師の正体」の記事が掲載されました。昨年漆工史学会『漆工史』36号に発表した山田常嘉の論文に関する内容です。どうぞお買い求め頂いてご覧下さい。

日経電子版

・この記事へのお問合せは info@makie-museum.com へお願いします。

・関連ブログ記事 2013年10月26日『蒔絵・研究日誌』 「山田常嘉の文献研究」を『漆工史』に発表しました。



JUGEMテーマ:日本史
| 新聞 | 05:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
新東名開通高速道路が一部開通
今日、新東名開通高速道路が一部開通したようです。まだ開通していなかったということに驚きました。この区間には私が設計に携わった桂島高架橋もあります。世界初リブ・ストラット付き波型鋼板ウェブ箱桁橋で、しかも押出し架設で、架設ケーブルを本設ケーブルに転用するという画期的な工法で、2005年5月に竣工しました。のちに土木学会田中賞を受賞しましたが、同年8月に退職したので、もはや関係ありませんでした。
 それからもう7年です。日本はすっかり変わりました。私の環境もすっかり変わりました。相変わらず、常に全力で走り続けていますが、多くの方の助けと、幸運チャンスに恵まれて、いろいろなことを成し遂げられたと思います。
| 新聞 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
消えた13万本の漆の木(北國新聞)

漆サミットでも輪島市のパネル展示にありましたが、北國新聞にも記事が出ました。1970年から十数年かけて、輪島市内で植えた漆の木13万本が、ほとんど枯れて、1700本しか残っていないそうです。単なるバラ撒きの補助金では全く意味がありません。一体何のための、誰のための植栽だったのか。漆器産地としての輪島が危機的な状況にある中で、今後植栽して採取した漆を、誰が、何に、どう使うのか、中長期の戦略だけでなく、全体のことを考えなければ、同じことの繰り返しになってしまうでしょう。

北國新聞の記事
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20110118401.htm

| 新聞 | 23:19 | comments(1) | trackbacks(0) |
このページの先頭へ