Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「平成30年新指定国宝・重要文化財」展(東京国立博物館)東京・上野
    三隅悠 (05/08)
  • 大石内蔵助「掟の盃」・「遊春盃」
    淡々斎 (04/30)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    高尾曜 (03/13)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    衣士津可 (03/11)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    高尾曜 (05/16)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    znk (05/16)
  • 幻の押木家売立目録
    高尾曜 (12/12)
  • 幻の押木家売立目録
    山田 (12/11)
  • 須田賢司『木工藝 清雅を標に』里文出版
    須田賢司 (09/29)
  • 蒔絵博物館 作品展示室に一峯斎作「牡丹蒔絵印籠」を展示しました
    辻 (05/11)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
エドワード・ランガムコレクションのオークション此淵蹈鵐疋鵝
世界一の印籠コレクター、故エドワード・ランガム氏の刀装具、根付、印籠、漆工品のオークション第6回がボナムス社のロンドンで行われました。忙しくて終わって半月も経ってしまいましたが、いままで5回分をこのブログで紹介したので書いておきましょう。カタログの序文はエドムンド・ルイス氏でした。
 どうやらあと数回開催するらしく、今回は名品をケチったせいで、全く盛り上がりませんでした。私も気付かなかったのですが、4回目までは印籠を200点前後ずつオークションに掛けていたのが、もうすこし引っ張ろうという作戦に切り替えたのか、5回目は100点ほど、今回は80点もなく、数も少ない上に優品も減ったせいです。
 今回の目玉は、表紙にもなった青色漆の菊蝶蒔絵印籠でしょう。友人から、無銘のこの印籠がなんでこんなに高いの?石橋荘次郎って誰?と聞かれました。そうでしょう。無銘のシンプルな研出蒔絵の印籠が50,000ポンド(922万円)でしたから驚くのも無理はありません。
 理由は幕末・明治の青色の蒔絵印籠世界に3つしかないからです。エバーグリーンハウス、ギャレットコレクション杜若蝶蒔絵印籠とフィンランドのクレスコレクション牡丹蝶蒔絵印籠とこの印籠です。ギャレットコレクションの分にだけ、平秀斎の銘があります。この平秀斎が石橋荘次郎であることを最初に発表したのは、この私です。オークションカタログの石橋荘次郎の生没年も私の「近世蒔絵師銘鑑」に基づいているようで、それによって、初めておよその製作年代が判明したというわけです。なにしろ、近代のレイキ顔料が発明される以前に、漆で青色を出すことは極めて困難でしたから。明治期の輸出漆器には紺色の漆のものも稀にありますが、それでもこれらの印籠ほど鮮やかな青色ではありません。
 今回、資料性が最も高かったのは、幸阿弥家13代正峯群蝶蒔絵印籠です。現存する幸阿弥派の在銘の印籠としては、18世紀前半まで上る最古の印籠です。しかも大正時代に来日していた有名なバイオリニスト、エフレム・ジンバリストグリーンフィールドの旧蔵であるにもかかわらず意外に安かったと思います。普通はメトロポリタン美術館で展示されたグリーンフィールド旧蔵というだけで数百万円と高いのですが。
 鈴木東谷も17,500(232万円)とあまり高くはありませんでした。ランガム氏は東谷の桜井駅の楠木正成、正行の印籠を持っていましたが、1974年にすでに売却してしまっていました。
 何しろ是真の真作はないし、今回は全体に低調でした。

ボナムス社 HP 落札結果



JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 売立目録・オークションカタログ | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
三隅コレクションのオークション機淵蹈鵐疋鵝
5日のボナムス・ロンドンでは、柴田是真の漆工品・絵画を中心とした三隅コレクション第1回がランガムコレクションの前の30分で行われていました。16点全て完売でした。
 柴田是真策「雪中佐野蒔絵額」が842,500ポンド(153,837,084円)でした。戦後の公開オークションにおける柴田是真作品最高値でしょう。
 是真の印籠は、鬼鍾馗の印籠蕗の印籠が、同額の122,500ポンド(22,368,003円)でした。一時期は是真の印籠は4,000万円台まで達しましたが、どうやら1点2,000万円台に相場が安定してきたのでしょうか。いずれにしても大変な金額です。しかし是真の印籠の1980年代小売価格は当時からそのくらいだったので、欧米人にとっては、さほど驚くに値しないかもしれません。あるいは鬼鍾馗の印籠は、特殊な形態、出来、伝来から見るとむしろ安いのかもしれません。
 このまま海外流出が続くのは嘆かわしいことです。どなたか日本で残りの重要な作品を引き受ける方はいないのでしょうか。

ボナムス社HP WEBカタログ 落札結果



JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 売立目録・オークションカタログ | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
エドワード・ランガムコレクションのオークション后淵蹈鵐疋鵝
世界一印籠コレクター故エドワード・ランガム氏の刀装具、根付、印籠、漆工品のオークション第5回がボナムス社のロンドンで行われました。
  今回のカタログの序文は印籠コレクターだったジャック・カレー氏です。今回は目玉があまりありませんでしたが、円安も進んでいることもあり、やはり高額でした。ルイ・ゴンス旧蔵の柴田是真の利壽写三輪山の印籠110,500ポンド(20,176,581円)、グリーンフィールド旧蔵の中山胡民の鶴岡写の印籠80,500ポンド(14,698,973)、古満文哉ではない文斎銘の印籠密陀絵が珍しいのか、グリーンフィールド旧蔵のせいなのか、40,000ポンド(7,303,873円)などでした。旧蔵者にとらわれているのは海外らしい結果でしょう。円安も進んでおり、日本にもどるものはほとんどないと思います。ランガムコレクションは来年が最後と思われますが、かなり良いものばかり残っているはずなので、恐ろしいことになりそうです。

ボナムス社HP WEBカタログ 落札結果

| 売立目録・オークションカタログ | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
柴田是真作「立浪海老蒔絵額面」(クリスティーズ・ロンドン)
ロンドンのオークションで柴田是真の海老1億円だったという噂を、昨日聞きました。1億円の価値のある海老といえば、パリ万博で金賞受賞の「立浪海老蒔絵額」関東大震災で焼失しているので、明治23年の内国勧業博覧会妙技一等賞だった「立浪海老蒔絵額」しか考えられません。しかし1981年刊行の『柴田是真名品集』に掲載されて以来三十数年行方不明。これまでずっと探し、根津美術館『ZESHIN』展の時にも探しても見つからなかったものです。

早速自宅に帰ってネットで調べてみると、10月15日クリスティーズ、ロンドンのオークションに確かに出ていました。全く知りませんでした。

クリスティーズWEBカタログ

正しく、『柴田是真名品集』に出ていたものです。「蔬菜蒔絵額」と共に、明治21年、柴田是真82歳の時に製作して三菱岩崎弥之助に納め、翌々年、内国勧業博覧会の際に岩崎家から借り出して出品したものです。とっくに海外流出していると思っていたのですが、坂本五郎旧蔵だとカタログにあります。しかし662,500ポンドとは。1億1,230万円です。せっかく発見されたというのに、結局海外流出する運命だったのでしょうか。何とも残念でなりません。つくづく日本は無力だと思います。

JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 売立目録・オークションカタログ | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
柴田是真作「柴舩蒔絵印籠」(ボナムス社ロンドン・オークション)
昨晩、ボナムス社ロンドンで、日本美術のオークションがありました。

ボナムス社ホームページ

このオークションで注目していたのは柴田是真作「柴舩蒔絵印籠」で、全くのうぶの新出作品です。柴田是真の柴舩蒔絵印籠で現存するものとしては、アービング・コレクション、2011年の豊田市美術館での『柴田是真』展で展示された個人蔵の分に次いで3点目、戦前の売立目録に他に2点あるので、最低でも5点は作っていたことになります。カタログでは「蒔絵博物館」作品展示室古満文哉作「柴舟蒔絵印籠」の解説文の私の考察が翻訳引用されていました。書籍でなくWEBから引用されることは珍しいことです。

 この作品が貴重なのは、私が想像していたとおりの書付のある共箱が附属していることです。ただその共箱は桐箱ではなく、予想だにしていなかった紙箱に漆をかけた一閑張で、そこに朱漆で表に「柴舩印籠」裏に「本阿弥蔵/光悦造写/是真(古満)」と書付けられていたのです。これは非常に珍しいものです。是真がの字を使ったのも面白いと思います。  
 印籠自体はこれまで確認されていた光悦写のものより大きく、意匠もアレンジされています。銘ぶりも申し分ありません。根付は七夕の梶葉で、こちらも良い銘です。保存状態、外箱の様子から見て、まず日本国内に伝存していたものでしょう。そして 50,000ポンド (8,535,942円) という落札額は、残念ですが、おそらく日本人ではないでしょう。是真風の画風でもなく、是真の特徴的な技法でもない琳派風の印籠としては、異例の高値です。やはり特異な外箱意匠の由来に関する考察によるところが大きいと思います。

 今回のオークションでは、一部過去に海外で流通していた作品もありましたが、日本からの出品と見られる作品が多いように思いました。日本人、嘆くべしです。


 
JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 売立目録・オークションカタログ | 23:04 | comments(2) | trackbacks(0) |
エドワード・ランガムコレクションのオークション検淵蹈鵐疋鵝
世界一の印籠コレクター、故エドワード・ランガム氏の刀装具、根付、印籠、漆工品のオークション第4回がボナムス社のロンドンで行われています。
 今回のカタログの序文はシカゴの印籠コレクター、ロジャー・ウェストン氏と、その学芸員畑山麻美氏です。今回の表紙も!あるいは?というものです。どうしてこれを表紙に持ってきたのでしょうか? 
 さて、今まさにオークションが行われているはずですが、WEB担当者がサンドイッチでも食べて休憩しているのか、途中でWEBカタログの落札額公表が止まってしまいました・・・ と思ったら、印籠の途中で昼休みのようですので、そろそろ寝ます。
 今回の柴田是真は、鐘馗の鏡蓋根付古墨の印籠・根付のみです。鐘馗の鏡蓋根付は約158万円。結構な額です。しかし名品は次回に持ち越したようです。どうやら5回目に是真の名品を固めるつもりのようです。資料的に重要なものもたくさんありますが、特別な目玉となる作品がありません。市場の反応を見て、5回目の時期を計ろうとしているのではないかと思います。

ボナムス社HP WEBカタログ 落札結果
 

The Edward Wrangham Collection of Japanese Art Part
| 売立目録・オークションカタログ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
白山松哉・柴田是真煙管筒
 たまたま買い物に行ったデパートで古本市が開催されていたので覗いてみました。ふと目に留まったのは『江戸っ子』という雑誌の表紙の金工鍔で、シリーズが20冊ほどありました。この雑誌は1974〜1989まで隔月(後に季刊)だった雑誌で、小林礫斎の特集号を古本で入手したことがあります。面白い特集がありそうなので、表紙を1冊ずつ見ていって見つけたのが渦波蒔絵のこの表紙でした。ひょっとして白山松哉?と思って開くと2点のとんでもない名品の煙草入れが掲載されていたので、1976年の第11号の1冊だけ買ってきました。
 
 1点は白山松哉の渦波蒔絵煙管筒。叺は巣革の金唐革で、前金具は加納夏雄素銅「魚藍観音」、裏座も夏雄で金無垢板に経文で、前田南斎の外箱です。煙管筒は、松哉のパトロン今村繁三売立目録に出ている共箱のもののようです。取り合わされた時点で共箱は失われてしまっていたのでしょう。しかし今村家の白山松哉の煙管筒は、これで全て現存が確認されました。売立目録を見ていて近年感じることですが、意外に戦災での焼失は少ないのです。
 もう1点は、柴田是真の青銅塗青海波塗地に貝尽蒔絵煙管筒。琅玕緒締、叺は金唐革で、後藤一乗の群千鳥の前金具、匹田裂の外袋です。
 
 少なくとも昭和51年まではこのような名品の煙草入が国内に現存していたのです。海外に流出していないと良いのですが。。。


『江戸っ子』第11号


『今村繁三氏蔵品入札』
右上 292撫子蒔絵煙管筒(バウアー・コレクション)
左上 293葵蒔絵煙管筒(バウアー・コレクション)
右下 294渦水蒔絵煙管筒(清水三年坂美術館)
中下 295巴蒔絵煙管筒(バウアー・コレクション)
左下 296渦波蒔絵煙管筒(『江戸っ子』掲載、現所在不明)
| 売立目録・オークションカタログ | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
侯爵蜂須賀家売立と柴田是真と幸阿弥長孝作「小原木盃」
『侯爵蜂須賀家御蔵品入札』は、昭和8年10月23日東京美術倶楽部で行われた売立の目録で、徳島藩主蜂須賀家旧蔵の名品が一挙大放出された歴史的な売立でした。蜂須賀家は飯塚桃葉の主家で、その傑作が多くこの売立で出品されているため、22年前から何度となく見返して来たのですが、見落としていたある1枚の絵に今日初めて気付きました。
 この売立には、実は柴田是真茶器漆絵画帖も出ています。蜂須賀家は維新後、竜池会日本美術協会にも深く関係しているので、その関係で注文されたものなのか、ともかく是真の作品も収蔵していたのです。もちろん、掲載されていることは気づいていましたが、漆絵画帖の中の1枚が、小原木盃であるということに初めて気付いたのです。
 小原木盃は、寛永のころ、東福門院和子が詠んだ小原木の歌に沿って当時の幸阿弥家が献じたとされる伝説的な盃で、その約150年後、幸阿弥長孝が記録に則って作った作品です。あるいは8代将軍徳川吉宗に奉ったともされています。その小原木盃は、1つしかないと思っていたのですが、2009年5月に上田藩の御典医の家に伝わっていたものを新たに発見したのです。それにより、漆工史学会『漆工史』第34号「幸阿弥長孝と「小原木盃」に関する考察」として発表しました。
 この際、柴田是真がそれを写してモチーフとした「名人尽蒔絵重箱」を偶然発見し、さらに是真が典拠とした資料として、東京芸術大学大学美術館所蔵柴田是真写生帖の内、幸阿弥家伝来の史料を筆写した「幸阿弥家蔵寫」の中に、その記録も発見しました。そうして判ったことは、柴田是真は、幸阿弥長孝が備忘として残した箱書の写しをもとに、小原木盃を、自分の想像で「名人尽蒔絵重箱」の中に描いたということでした。つまり幸阿弥家の記録は、文書だけでデザイン画がなかったので、是真は自分で創作してしまったのです。
 その創作した作品は、論文発表当時、「名人尽蒔絵重箱」1点しか知らなかったのですが、漆絵としても描いていたことが判明したというわけです。写真が不鮮明で図様が見えなかったため、何度も見ていたのに全く気づかなかったのです。漆絵の画中には、「東福門院様御好/幸阿弥長孝/是真寫(古満)」とあります。残念ながら、この漆絵画帖は行方不明です。原品が発見されることを期待したいと思います。
 
 全ての漆工人を研究対象にしていると、ある漆工人の研究が進んだことによって、別の漆工人の謎が解けたりすることが時々起ります。小さな事柄ですが、その積み重ねによって、意外に大きな謎が解けたりもします。


『侯爵蜂須賀家御蔵品入札』表紙


柴田是真筆「漆絵画帖」 『侯爵蜂須賀家御蔵品入札』


「漆絵画帖」の内、小原木盃 『侯爵蜂須賀家御蔵品入札』


幸阿弥長孝作「小原木蒔絵盃」
| 売立目録・オークションカタログ | 12:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
幻の押木家売立目録
越後の豪農、押木家の売立目録は公共機関に所蔵されていませんでした。ようやく確認することができました。
 新潟真浄寺大正15年4月13日に入札が行われた「中蒲原郡茅野山村押木謙二朗氏 新潟市藤井忠太郎氏 御蔵品入札」です。巻頭には「押木家と是真翁」と題し、「押木家先々代源二郎氏是真翁とは特に親交あり又逸品を多く所蔵せらる県下に於て是真と云へば直に押木家を連想するに至る所以なり」とあります。表紙は、現在北方文化博物館に所蔵される「扇面蒔絵棚」です。北方文化博物館に所蔵される是真の名品は、この時に移動したものです。それ以外にも額面、2点の印籠、根付など、過去に見たことがある、よく知っている優品が出ています。この目録には、是真作品にはすべて落札額の書き込みもあります。是真研究が大いに進展します。

| 売立目録・オークションカタログ | 21:52 | comments(3) | trackbacks(0) |
昭和4年『浅見家所蔵品入札』東京美術倶楽部
古満寛哉作「桐花唐草蒔絵印籠」が掲載されている東京美術倶楽部で開かれた昭和4年(1929)『浅見家所蔵品入札』の売立目録には、袋物の名品が数多く掲載されています。 
 この浅見家がどのようなコレクターであったのか、全く分かっていません。以前、故関戸健吾先生にお尋ねしたこともありますが、やはりご存じなく、その目筋の良さから、どのようなコレクターか、同じように知りたがっていらっしゃいました。今でも分からない、謎のコレクターです。内容は近代絵画、刀装具、根付、印籠、煙草入、煙管等の袋物です。現存する有名な作品も多くみられます。
 


『浅見家所蔵品入札』表紙






柴田是真作の金粉溜地、青海波塗貝尽蒔絵の煙管筒(行方不明)


右端は、根津美術館『ZESHIN』展で展示中の、
今年80年ぶりに新たに発見された柴田是真作「折釘蒔絵煙管筒」


有名な懐玉斎と小笠原一斎合作の根付


是真の拵と橋本市蔵の拵(どちらも行方不明)


右:柴田是真作の宝尽蒔絵印籠と古満文哉作の五節句蒔絵根付
(現在、サンフランシスコ東洋美術館蔵)
左:『柴田是真名品集』に出ている是真作の五万歳の印籠


古満寛哉作「桐花唐草蒔絵印籠」(蒔絵博物館)と柴田是真作「宝尽蒔絵根付」(ランガムコレクション)
古満文哉作「柴舟蒔絵印籠」(蒔絵博物館)
原羊遊斎作「薮柑子蒔絵印籠」(数か月前まで国内のサイトに掲載されていたが・・・)



右 柴田是真作「紫檀塗頓骨」(行方不明)
笠間藩主牧野家伝来 原羊遊斎作「夕顔蒔絵印籠」(国内に現存)


柴田是真作若水蒔絵目録盆と榛原伝来の詠草掛(ともに行方不明)


なんでも鑑定団に登場した泰真の銘が消されて是真にされた箪笥

| 売立目録・オークションカタログ | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
このページの先頭へ