Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「平成30年新指定国宝・重要文化財」展(東京国立博物館)東京・上野
    三隅悠 (05/08)
  • 大石内蔵助「掟の盃」・「遊春盃」
    淡々斎 (04/30)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    高尾曜 (03/13)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    衣士津可 (03/11)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    高尾曜 (05/16)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    znk (05/16)
  • 幻の押木家売立目録
    高尾曜 (12/12)
  • 幻の押木家売立目録
    山田 (12/11)
  • 須田賢司『木工藝 清雅を標に』里文出版
    須田賢司 (09/29)
  • 蒔絵博物館 作品展示室に一峯斎作「牡丹蒔絵印籠」を展示しました
    辻 (05/11)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
google maps 航空写真

今日はじめて気付きましたが、google maps航空写真が変わったようです。今までは、どこまで拡大しても、地図と同じように、真上から見た正射投影のオルソ画像でした。それが今は、拡大した時に、南から45度で撮影したような空中写真に変わるようになっていました。「45度」ボタンのチェックを外すだけで、オルソ画像に戻すこともできます。から推測すると、発想の転換というか、オルソ画像に加工する前の歪みがある画像を、わざわざつなぎ合わせて作ったのではないかと思います。立体的に見えるので、例えば都市部で、行先のビルの形を確認する時などは、非常に分りやすい反面、住宅地などは覗き見されているような感じです。試みに自宅を見ると、恥ずかしながら洗濯物が写っているのが見えます。プライバシーの問題も、防犯上の問題もあるのではないかと思います。ストリート・ビュー以来の新たな問題だと思います。ストリート・ビューの時はgoogle社は苦情の寄せられた区域の画像を削除しました。空中写真では、そこだけ削除することはできないので、問題は大きいでしょう。
 諸外国を見ましたが、確認したロンドン、ワシントン、北京は、今までと変わらず「45度」ボタンはありませんでした。日本だけが先走ったのでしょうか。

google maps

| 地図 GIS | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
国指定文化財等データベース 地理情報機能
文化庁国指定文化財等データベース地理情報機能が付きました。楽しめますので、是非ご覧ください。


国指定文化財等データベース




| 地図 GIS | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Yahooスクロール古地図がない!
Yahooスクロール古地図で、柴田是真が通った料亭「上野松源楼」を調べようと思ったのですが、ありません。「古地図で東京めぐりは、2007年3月25日で終了致しました」と出ています。何たることでしょう。残念です。

| 地図 GIS | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
Yahooスクロール古地図がすごい。
先日の対柳居跡の踏査のところでもリンクを張りましたが、Yahooのスクロール古地図はすごいです。幕末期と明治中期、現代の地図と航空写真のが切り替わるようになっています。それも、建築図面が残っているところは、その概形もわかるようになっています。江戸城の本丸御殿をはじめとして、各御殿がちゃんとあります。藩邸も、確か図面があったな?というところを見るとちゃんと概形が書き込まれています。たとえば、外桜田の彦根藩邸市ヶ谷の尾張・紀州藩邸本郷の加賀藩邸北町奉行所、増上寺・寛永寺の将軍家墓所・・・・。屋敷の坪数や橋の長さも書かれています。明治の地図は華族や官僚、有名人の邸宅や市電、有名高級店も書かれています。一度ご覧になるとおもしろいですよ⇒。YAHOOスクロール古地図 結構ハマリます。
| 地図 GIS | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
このページの先頭へ