Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2014 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
<< 飯塚桃葉作「雲龍蒔絵印籠」 | main | 「<和>のうるし」展(静嘉堂文庫美術館・東京) >>
「佐々木象堂作品展」雪梁舎美術館(新潟県)
新潟県にある雪梁舎美術館では、「佐々木象堂作品展」が開かれています。佐渡出身で近代の蝋型鋳金の第一人者である佐々木象堂の作品展ですが、それを館蔵品だけで行うという驚くべき企画です。本領の金工の他に、陶芸・書画をあわせ全部で100点に及びます。注目すべきはポスターにもなっている「鋳銅色絵瑞禽薫爐」で、漆、蒔絵を使い珊瑚を象嵌した作品はこれまで「鋳銅鸚鵡色絵置物」しかしられておらず、2点目の作品となります。この作品の存在はこれまで全く知れれていませんでした。よくこれほどの傑作が知られずに残っていたと思います。
 また「鋳銅唐子蓋置」は、やはり漆の色絵で蒔絵の本間蕣華先生が加飾をされたそうです。これも初めての知見です。多くの初公開作品が展観されるこの展覧会の詳細は雪梁舎美術館サイトをご覧ください。6月10日までです。お近くの方はぜひお出かけください。
www.komeri.bit.or.jp/setsuryosha/

| 展覧会 | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.makie-museum.com/trackback/1066257
このページの先頭へ