Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
<< タイムスクープハンター(NHK) | main | 鷺草 >>
第35回 漆工史学会総会(大阪市立美術館)
 9月3日(土)大阪市立美術館第35回漆工史学会総会があります。発表は
 1)高尾曜「山田常嘉について 新出史料の由緒書を中心に」
 2)川畑憲子氏「中国・山東省菏澤出土の螺鈿箱について」
 3)土井久美子氏「山田常嘉の文台」
の3件です。私も発表します。
 今回の私の発表は、15年前に発見したもので、5年前にも一度まとめておこうと途中まで進みましたが、別に発表すべき案件が相次いで、後回しにしてきました。すでにその成果は「新訂・増補 近世蒔絵師銘鑑」にも、蒔絵博物館にも掲載していますが、公式に典拠を公表するのは初めてです。
 ここのところ忙しくて、2日前から準備をはじめ、今日になって発表資料の再調査、再撮影に15年ぶりに出かけ、関係資料を悉皆調査しました。当時と比べ、この15年でデジタル・アーカイブ化が格段に進み、紙ベースの目録でたどりつけなかった資料にもたどり着くことができるようになったからです。その結果、今日、さらに15年前には気付かなかった新たな重要な資料を見つけることができました。久しぶりにドーパミンが放出されました。良い資料を見つけました。すごいことです。9月3日をお楽しみに。
| お知らせ | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
このページの先頭へ