Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
<< 東京藝術大学大学美術館『漆芸 軌跡と未来』(東京・上野) | main | たばこと塩の博物館『江戸の判じ絵』(東京・渋谷) >>
『ZESHIN 柴田是真の漆工・漆絵・絵画』展 根津美術館(東京・南青山)
 1999年五島美術館『羊遊斎』展のレセプションの時、「人生最良の日」だと思いました。長く生きていると「人生最良の日」は、いろいろと更新されるものです。今日は人生で2番目くらいの「良い日」でしょうか。
 そう、今日は、根津美術館特別展『ZESHIN』展レセプションに行ってきたのです。開会式に集まった、この観客の多さをご覧ください。後で聞いたところでは、式典の間も、入りきれずに展示室で大勢作品を鑑賞していたらしいので、驚くべき人数です。美術界でも待ち望まれていたことなのでしょうか。展覧会場超満員でした。評判になりそうです。
 日本人による、国内所在作品のみの柴田是真の展覧会は、2005年以来私の悲願でした。当時はほとんど誰も是真に興味を示しませんでした。それから7年、世界的な評価も、国内での評価も驚くほど変わりました。そして今日、国内の優品が一堂に集まったところを、目の当たりにすることができました。138点の展示作品の内、初公開作品が約6割です。数十年〜百年ぶりに発見されて展示される秘蔵作品も数多くあります。質においても、数においても空前の、この世紀の是真展を、是非皆さんの目で確かめて頂きたいと思います。

 前期は11月25日まで、後期は11月27日〜12月16日です。絵画は展示替があるようです。是非、両方お出かけください。


開会式


ポスター


図録
| 展覧会 | 22:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
品格のある、見事な作品ばかりが並んだ素晴らしい展覧会でした。理想に近い是真の展覧会だったと思います。
| 高尾曜 | 2012/11/03 10:31 PM |
たくさんの是真愛好家の皆様に根津美術館と云う最高の舞台で作品を見て頂く機会に恵まれた事、改めて関係者の皆様にお礼申し上げます。高尾様、多比羅様、お疲れ様でした。
ただし印籠の展示にやや不満が残ります。学芸員の皆さんとマーケットを理解するコレクター、セレクターとの違いなのでしょうか?
| 三隅悠 | 2012/11/01 11:01 AM |









http://blog.makie-museum.com/trackback/1066908
このページの先頭へ