Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
<< 「山田常嘉の文献研究」を『漆工史』に発表しました。 | main | 幸阿弥長輝作「石山寺蒔絵印籠」を展示しました >>
エドワード・ランガムコレクションのオークション検淵蹈鵐疋鵝
世界一の印籠コレクター、故エドワード・ランガム氏の刀装具、根付、印籠、漆工品のオークション第4回がボナムス社のロンドンで行われています。
 今回のカタログの序文はシカゴの印籠コレクター、ロジャー・ウェストン氏と、その学芸員畑山麻美氏です。今回の表紙も!あるいは?というものです。どうしてこれを表紙に持ってきたのでしょうか? 
 さて、今まさにオークションが行われているはずですが、WEB担当者がサンドイッチでも食べて休憩しているのか、途中でWEBカタログの落札額公表が止まってしまいました・・・ と思ったら、印籠の途中で昼休みのようですので、そろそろ寝ます。
 今回の柴田是真は、鐘馗の鏡蓋根付古墨の印籠・根付のみです。鐘馗の鏡蓋根付は約158万円。結構な額です。しかし名品は次回に持ち越したようです。どうやら5回目に是真の名品を固めるつもりのようです。資料的に重要なものもたくさんありますが、特別な目玉となる作品がありません。市場の反応を見て、5回目の時期を計ろうとしているのではないかと思います。

ボナムス社HP WEBカタログ 落札結果
 

The Edward Wrangham Collection of Japanese Art Part
| 売立目録・オークションカタログ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.makie-museum.com/trackback/1066998
このページの先頭へ