Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
<< 中西松立斎と山田常嘉 | main | 『工芸からKŌGEIへ』東京国立近代美術館工芸館(東京・北の丸) >>
日光東照宮 陽明門 壁画公開
 たまたまテレビを付けたところ、NHKの首都圏ニュース845日光東照宮陽明門の壁画公開のニュースが流れていました。陽明門側面の牡丹の彫物を外すとそれ以前に描かれていた松鶴が姿を表していました。どうやら密陀絵のようです。下絵を描くのは幕府御用絵師の仕事ですが、実際に描くのは蒔絵師の仕事です。1753年の時のものと言っていましたので、宝暦です。幕府御用蒔絵師を中心とした蒔絵師の仕事でしょう。確か古満家5代休伯も加わっていたはずです。先日のランガムコレクション第4回に出ていた、5代休伯作の白密陀鴛鴦蒔絵の印籠を思い出しました。
| 歴史 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.makie-museum.com/trackback/1067004
このページの先頭へ