Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
<< ついに発見!幕府御用蒔絵師拝領地図面 | main | まれ NHK 朝の連続ドラマ小説 >>
長命寺桜餅 
 東京もが咲き始めました。「長命寺の桜餅」を頂きました。有名な山本屋のものです。桜の葉をふんだんに3枚使って包んだもので、すこぶる美味なるものです。

 さてこの山本屋の幕末の頃の看板娘おとよは美人で3代豊国の浮世絵にも描かれています。のちに日本を開国に導いた老中阿部正弘に見染められて愛妾になっていました。安政の大地震の後、無事かどうか心配で、見舞いに下屋敷に駆け付けたという話を読んだことがあります。これだけ聞くと、良い話ですが、去年梶川家の論文を書いている時に発見した史料は、御蒔絵師梶川徳三郎の姉も阿部正弘側室になっていて、安政の大地震の際に阿部正弘を避難させて自身は圧死してしまったというのです。阿部家の江戸の菩提寺松平西福寺に葬られているということで調べましたが、改葬されて二十数人の女性の墓はまとめられているようで、それぞれの戒名は確認できませんでした。

 阿部正弘は好色家として有名です。将軍家慶最愛の上臈御年寄姉小路とも関係があったといわれています。私が今書いている菱田論文を調べていて出てきた史料でも、御細工頭梅田三郎右衛門が娘を妾に差し出して出世したことが書かれています。
 
 しかし阿部正弘が有能な政治家であったことは間違いありません。もし急死しなかったら、徳川将軍家初代大統領とし、戦後日本のようなアメリカ型の民主国家にもっと早く移行していたかもしれません。


 
JUGEMテーマ:日本史
| 歴史 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
このページの先頭へ