Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「平成30年新指定国宝・重要文化財」展(東京国立博物館)東京・上野
    三隅悠 (05/08)
  • 大石内蔵助「掟の盃」・「遊春盃」
    淡々斎 (04/30)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    高尾曜 (03/13)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    衣士津可 (03/11)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    高尾曜 (05/16)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    znk (05/16)
  • 幻の押木家売立目録
    高尾曜 (12/12)
  • 幻の押木家売立目録
    山田 (12/11)
  • 須田賢司『木工藝 清雅を標に』里文出版
    須田賢司 (09/29)
  • 蒔絵博物館 作品展示室に一峯斎作「牡丹蒔絵印籠」を展示しました
    辻 (05/11)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
<< ダブル・インパクト 明治ニッポンの美 東京藝術大学大学美術館(東京・上野) | main | 細見美術館 琳派のきらめき(東京・日本橋) >>
蒔絵博物館 作品展示室に一峯斎作「牡丹蒔絵印籠」を展示しました
蒔絵博物館の作品展示室に、一峯斎作「牡丹蒔絵印籠」を展示しました。1993年にこの印籠を発見して以来、その印文を「豊原」と読んできました。ところが20年以上経った去年になって、「典厚」と読むべきことに初めて気づきました。これによって一峯斎について、だいぶ分かってきました。そこで改めてこの作品を公開します。



JUGEMテーマ:アート・デザイン
| ホームページ | 23:26 | comments(1) | trackbacks(0) |
紹介

コトタマ学
| 辻 | 2015/05/11 7:06 PM |









http://blog.makie-museum.com/trackback/1067078
このページの先頭へ