Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
<< 『鈴木其一』展 サントリー美術館(東京・六本木) | main | 円山応挙 ー「写生」を超えてー 根津美術館(東京・南青山) >>
Googleブックスの機能が退化

 この1週間、寝込んでいる間に、Googleブックスの機能が明らかに退化しました。一体何があったのでしょう。Google検索の検索画面でも「書籍」の位置が変わったので、何かあったのは確かです。問題は検索結果が1/5〜1/10に退化してしまったことです。おそらく著作権をクリアしていない文献の全文検索機能を停止したと考えられます。ネット上では誰もそのこと書いていないようです。

 5、6年前総務省『知のデジタルアーカイブに関する研究会』という会議にオブザーバーとして文化庁を代表して出席していました。その時に聞いたのがGoogleが莫大な費用をかけて、欧米の図書館の蔵書をスキャンし、OCRをかけているという話でした。これは個人的に大変有意義な情報でした。国立国会図書館はそれに追従する形で電子化を進めました。Googleブックスのことは多くの人が知っていて、つい数日前までネット上に当たり前に存在して、誰でも無料で使うことができた機能です。しかしその時、国会図書館の方はこれを「人類の叡智の結晶」だと評しました。私もその本当の意味を知った時、まさに人類の叡智の結晶だと思いました。これは通常のGoogle検索とは全く違う結果が出るもので、莫大な電子化費用と巨大なサーバーを使わないと実現不可能なものなので、まさに人類の叡智の結晶なのです。ただ単にネット上で本が読めるというものとは全く違う次元の話です。

 つまりこれは、私の漆工研究に当てはめるとこういうことです。図書館に籠って、あらゆる文献を一生かけて探したとしても見つけられないような、異分野のしかも何百年にもわたって人類が記録した膨大な文献を全文検索して、一瞬で情報を探し出してくれるのです。私はこの6年間に実に多くの恩恵を受けました。この6年間の小さな100の発見の内、40はGoogleブックスのおかげだと言っても過言ではありません。小さな発見の積み重ねは、いくつかの大きな成果にもつながりました。

 もし著作権が原因でこの機能が退化したとすると、おそらく再びこの恩恵に与かれる日は当分来ないでしょう。

| 研究 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.makie-museum.com/trackback/1067109
このページの先頭へ