Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 「平成30年新指定国宝・重要文化財」展(東京国立博物館)東京・上野
    三隅悠 (05/08)
  • 大石内蔵助「掟の盃」・「遊春盃」
    淡々斎 (04/30)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    高尾曜 (03/13)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    衣士津可 (03/11)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    高尾曜 (05/16)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    znk (05/16)
  • 幻の押木家売立目録
    高尾曜 (12/12)
  • 幻の押木家売立目録
    山田 (12/11)
  • 須田賢司『木工藝 清雅を標に』里文出版
    須田賢司 (09/29)
  • 蒔絵博物館 作品展示室に一峯斎作「牡丹蒔絵印籠」を展示しました
    辻 (05/11)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
<< 「楽器と漆」展 国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市) | main | 中山胡民作「蓬莱山鶴亀蒔絵印籠」を公開しました。 >>
「URUSHIふしぎ物語 −人と漆の12000年史」展 国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)

国立歴史民俗博物館で開催されている「URUSHIふしぎ物語 −人と漆の12000年史」を見てきました。

12000年史というだけあって、縄文から現代、最先端の製品まで、その時代を表すものが展示されています。また漆掻きから、漆器が完成するまでが分かるように展示されています。近年収蔵された印籠も展示されていて、柴田是真の見たこともない珍しい根付も出ています。9月3日まで開催されています。

 

JUGEMテーマ:日本史

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

 

 

| 展覧会 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.makie-museum.com/trackback/1067131
このページの先頭へ