Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
<< 蒔絵博物館に塩見政誠作「蝶蒔絵印籠」を展示しました。 | main | 「遊びの流儀 遊楽図の系譜」サントリー美術館(東京・六本木) >>
「生誕130年 漆芸作家 高野松山」永青文庫(東京・目白)

見たいと思っている展覧会がみんな終わってしまいます。慌てて、仕事を休んで「生誕130年 漆芸作家 高野松山」を見に行ってきました。改装したことは聞いていましたが、展示室が広くなってから初めて行きました。

 永青文庫所蔵の高野松山作品12点が展示されています。「昼は殿様のボディーガード、夜に製作」と自ら言っていたように、旧領主の細川護立侯爵から月25円で生活を保護されながら作り出した名品です。25円という金額は、師の白山松哉が今村繁三から貰っていた金額と同額で、侯爵に聞かれて「月25円、向う17年間下さい」ととっさに答え、承諾されると「それじゃ今月分25円下さい」と言って手を出したので、侯爵が驚いたという逸話もあります。

 12点の作品は、いずれも松哉譲りの技に、近代のデザイン性が顕れた傑作でした。いくつかは、デザインもほとんど松哉のような作品でした。小品のいくつかに入っている花押もこれまで見たことがないものでした。

 図録はありませんが、代わりに『季刊永青文庫』が高野松山特集になっています。

 

ポスター

 

『季刊永青文庫』癸隠娃

| 展覧会 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.makie-museum.com/trackback/1067183
このページの先頭へ