Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECENT COMMENTS
  • 「平成30年新指定国宝・重要文化財」展(東京国立博物館)東京・上野
    三隅悠 (05/08)
  • 大石内蔵助「掟の盃」・「遊春盃」
    淡々斎 (04/30)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    高尾曜 (03/13)
  • 「能の作リ物」国立能楽堂資料展示室(東京・千駄ヶ谷)
    衣士津可 (03/11)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    高尾曜 (05/16)
  • 開運なんでも鑑定団 柴田是真の箪笥
    znk (05/16)
  • 幻の押木家売立目録
    高尾曜 (12/12)
  • 幻の押木家売立目録
    山田 (12/11)
  • 須田賢司『木工藝 清雅を標に』里文出版
    須田賢司 (09/29)
  • 蒔絵博物館 作品展示室に一峯斎作「牡丹蒔絵印籠」を展示しました
    辻 (05/11)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 

蒔絵・研究日誌

「蒔絵博物館 高尾曜のホームページ」の併設ブログ。
日々の研究の活動報告、展覧会観覧記録や歴史の話など、つれづれなるままに書いています。
高尾曜
近世・近代の蒔絵作品に魅了され、その作者や作品についての研究をしています。特に関心があるのは、作者がどんな人柄だったのか?どんな人生を送ったのか?そして、ある1つの作品が、なぜ誕生したのか?ということです。

柴田是真の作品のような、素晴らしい作品と向き合うと、ちょっと強面の江戸っ子が作っていたのが不思議な気もします。しかしその人柄と人生を知ると、その作品を通じて、時空を超えて彼らと向き合える気さえしてきます。彼らがどんな境遇にあり、どのような状況で、誰のために、どんな気持ちで作ったのか・・・

ホームページ「蒔絵博物館」は、多くの方に、世に隠れた名工について知って頂きたいと思ったのと、蒔絵作品が持つ、芸術性豊かな素晴らしさを知って頂きたいと思い、開設致しました。タイムスリップして、名工達が作っている姿を、物陰から垣間見ているような感覚で、楽しんで来ていただけたら幸いです。

こちらのブログ「蒔絵・研究日誌」は、研究のための展覧会、書籍、テレビ番組、旅などについて書いています。時にグルメなど研究に関係ないこともあります。

ご意見・ご感想などありましたら、ご助言下さい。連絡先はこちらまで。info@makie-museum.com
このページの先頭へ